通訳?!


友人の会社が輸入を手がけてるんですけど
その会社の通訳を頼まれて先日東京駅まで出かけたんです
私は昔から英語が大好きだったから結構知らないうちにネイティブ並みになってたみたいで
すごく褒められちゃったし、今後も宜しくだって!
なんか、発音とかも良かったみたいで、嬉しかったなー 笑
で、その人、ヨーロッパにビジネスもあるみたいで
今度ヨーロッパ買い出しに同行するように頼まれてしまったけど
子供三人いて、置いて行けって言うのか?それは。。。
主人を置いて行くのもかわいそうだしな、結局皆とも連れでヨーロッパ行っちゃオッカって今相談中
なんかグローバルな話になっちゃって、ラッキダーアな!と思ってます。
仲良しのお友達も誘ってみよっと♫

  


Posted by パトリック at 2011年02月15日09:23お知らせ
Comments(0)

いてん♪

365BLOGにかかわり、半年がすぎましたが。
諸事情により、ブログを移転します。

アクセスしてくださった方ありがとうございました。

今後のアドレスは、プライベートで告知させていただくものと・・・決めました。

ごめんなさい!

これからは、教育の面で全力投球させていただきます!

N
  


Posted by パトリック at 2010年04月10日22:00イベント
Comments(2)

ブログ移転します。

365BLOGにかかわり、半年がすぎましたが。
諸事情により、ブログを移転します。

アクセスしてくださった方ありがとうございました。

今後のアドレスは、プライベートで告知させていただくものと・・・決めました。

ごめんなさい!

これからは、教育の面で全力投球させていただきます!

N
  


Posted by パトリック at 2010年04月10日21:52イベント
Comments(1)

理想ですよね。これ。


★AM7:00<起床>★
おはよう~。今日もなんだか良い天気だなぁ。
さっそく”パックスの石鹸”で洗顔をして、”エコ歯ブラシ”で歯磨きだ!
もちろん歯磨き粉も”パックスのせっけん歯磨き”を使いましょうー!!

★AM7:30<メイクTIME>★
洗顔の後はスキンケアも忘れてはいけないよ。
ということで化粧品はお肌にやさしい自然のものを使ってるの。
”パックスのナチュロンフェイシャルローション”(化粧水)と
”ナチュロンエモリエントクリーム”(保湿クリーム)
でしっかりお手入れ!

★AM8:00<朝食>★
朝ごはんもしっかり食べなくちゃね!
ソヨソヨの作ってくれた今日のmenuはなんだろぅ?

国産小麦使用の天然酵母で出来た”プチフールのパン”に
タンザニアで作ったフェアトレードの”オーガニック蜂蜜” と
シナモンをたっぷり塗ってこんがりトースト!
でも、アフリカ南部の小さな国、スワジランドで作った
フェアトレードの”オレンジマーマレード”も捨てがたいな~。
そしてもちろん朝はコーヒーを飲んですっきり目を覚まさなくちゃね!
ペルー高地で伝統的農法で作られた フェアトレードの
”オーガニックミディアムローストコーヒー”は
コクと香りが一味違います。
もちろんカップにもこだわって、ジンバブエで作られた
陶製のマグカップを使ってます。
有害なカドミウムや鉛を含まない釉薬を使っているんだって。

★AM10:00<お散歩>★
今日のコーディネイトは着心地の良い
”オーガニックコットン”のTシャツに
”バングラデッシュのくさき染めレースワークスカート”に決まり!
小物はジュートとアローにこだわって
”バングラデッシュのジュートサンダル”に。
”アローハット”をかぶって
”おでかけミニトートバック”を持ったらいざ、出発!

★AM11:00<探検>★
今日は図書館とお店がいったいかされている場所を探検!
ここは女性問題の解決と理解をすすめることを目的とした
場所 なんだけど、
いつでも誰でも自由に使える無料施設がたくさんあるんだ。
1階にある”図書館”には女性問題を中心に約4万冊の資料が所蔵されているんだって!

★PM12:00<ランチ>★
ランチを食べたよ。
和食ランチの時もあれば、
辛~いカレーランチの日もあっていつもワクワク!


★PM1:00<ショッピング>
ごちそうさま~。あ~美味しかった!
お腹もいっぱいになったところでさっそくパッチワークを覗いてみよう!
不定期でフェアトレードの商品が届くので、隅々までチェック!
今日も新しいもの発見!時間がたつのを忘れてしまいそう!
フィリピンセブ島の農業共同組合が作った”ドライマンゴ”
はベータカロチンやカルシウム、 ビタミンAが豊富なうえ、
そのまま食べても 美味しいし、 サラダやアイスクリームに添えてもいい優れものだからこれはソヨソヨのお土産に買っていこ~♪
でも、”ドライバナナ”も捨てがたいな~・・・。


★PM3:00<おやつ>★
ただいま~。
さっそく買ってきた”ハーブティ”を入れて
”オーガニックカシューナッツバー”をかじりながらのおやつタイム。
”フィリピン産のコゴン草でできたレターセット”
で友達に手紙を書こう!
このレターセットには押し花のデザインが入っていてとってもキュート♪
きっと喜んでもらえるだろうな~。

★PM6:00<夕食作り>★
今日の夕食のmenuは”第3世界ショップのスリランカカレー”に挑戦! スパイスが分量ごとに小袋に入っているから失敗の心配は無し!

★PM7:00<いただきま~す>★
出来た~っ!思っていたよりも簡単!
レシピ通りに作れば、誰でも本場の味が作れてしまうよー。
おいし~♪

★PM8:00<ヘナ>★
カレーも食べてお腹もいっぱいになったところで
そろそろお風呂に入ろうかな~。
あっ!!その前に髪の毛を”インド産のヘナでトリートメント” しよう。
ヘナは最近日本では白髪染めとして人気だけれど、インドでは若い人もトリートメントとして使っているんですって。とにかく発ガン性が心配されている白髪染めはコワイ!
使い方は簡単!
ヘナの粉をお湯でマヨネーズくらいの固さにといてつけるだけ。
テレビを観たり、音楽を聴いたりリラックスしながら1時間ほど放置。
後はお風呂で流すだけ~♪

★AM9:00<バスタイム>★
1日の疲れを癒すにはやっぱりお風呂!!
バスグッズにもこだわって、合成添加物を使用しない天然ホホバオイルと
天然ハーブエキスを原料にした”パックスの純植物性石鹸”のシャンプーとリンスで 髪の毛を洗います。
ボディーソープも、洗濯せっけんも、キッチン石鹸も
”パックスの無添加石鹸”を 使っているから手荒れ、肌荒れ知らず!

★PM10:00<就寝時間>★
そろそろ寝ようかな。
パジャマは”オーガニックコットンで出来たパジャマ”。
肌触りは絶品!
ベットリネンももちろんオーガニックコットン!
いい夢が見られるかも?!おやすみ~。。。   


イギリスのパブ。。。もどき?





昔からイギリスのパブは、老若男女がゆっくりとおうちでくつろぐような、書斎があって、暖炉があるところもあって、カーペットを靴で歩くし、つまみはピーナッツかポテトチップスなのに、人が絶え間なく集まる場所でした。icon14
勿論、ビールが主流のパブですが、このジンは、とても女性向の味で、炭酸水で割るだけで本格的にカクテルになってしまう味だと、教えてもらったことがあります。ワイン

ぜひどうぞ♪
  


Posted by パトリック at 2010年04月04日18:00イベント
Comments(0)

さほこの湯




これは、くさいお茶
硫黄くさくて、最高にうれしいぱんだ
くさいの好き日本

昭和初期へとりーっぷ温泉  


Posted by パトリック at 2010年04月03日18:00イベント
Comments(0)

動物の鳴きまねBY i phone♪





う・う・う・う・う・おもしろい!!!!!!
これは、おもしろい!!!!!!!!

i phone の アプリケーションの一つですけれど、
i phone に向かって、何か話しかけると、その言葉を、うさぎとか犬とか猫とかの動物が
まねして話しかけてくるんですface02

い・い・い・い・いやされる・・・・

超いい。

  


Posted by パトリック at 2010年04月02日18:00イベント
Comments(0)

MA for English Teachers



バーミンガム大学でも、行っている、
外国人のための、第二外国語としての英語教師へのMA(マスター)

24 ヶ月で、 資格が取れるのですね。


英語教師も夢じゃない時代なんですね。

なんかいいなぁーー。
私のイギリス在住字は子育て子育てで、勉強どころじゃなかったものね。。。
なんていって、今も子育て真っ最中なのだけれど。

詳しくは
www.davidenglishhouse.com/distancelearning.html
でも、直接バーミンガム大学に問い合わせられる自信がある人は直接が
やっぱりお安いですよね。。。
  


Posted by パトリック at 2010年03月23日16:18お知らせ
Comments(0)

八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅 (単行本)

八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅 (単行本)
清川 妙 (著)
商品の説明
出版社 / 著者からの内容紹介
長寿社会を生きるための人生&旅エッセイ
何かやりたいことがあるのに、自分はもう歳だからと、あきらめていませんか。本書の著者、清川妙さんのモットーは、「いくつからでも大間に合い」。初めての海外旅行で英語が通じなかった悔しさから一念発起。53歳で英語学校に通いはじめ、65歳でイギリスにひとり旅を敢行、はや13回の武者修行をしている、84歳のパワフルなおばあちゃんです。もちろん、英語もひとり旅も、一筋縄ではいきません。しかし、さまざまな不幸も乗り越えて、何かを学びながらひとりで生きるということを自らに科し、いきいきと日を過ごしている姿は、老いへの漠然とした不安を抱えている私たちに、ひとつの光明を与えてくれます。長寿社会を生き抜く知恵がいっぱいつまったエッセイです。
内容(「BOOK」データベースより)
何かを始めるのに遅すぎることはない!53歳から英語学校に通い、65歳でイギリスにひとり旅を始め、はや13回の武者修行。パワフルでユーモラス、そして長寿社会を悔いなく生きる知恵がいっぱいつまった人生&旅エッセイ。



私も今アマゾンで注文しています。

読んだ方のレビューを見たい方はここをクリックしてください
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4093876029/hobomainiceig-22/ref=nosim



やっぱり、やる気をだしましょう、だんこん世代がここまで頑張ってきてくれた日本なのですから!!
かといって、周りの方に、自分中心に思われないよう、
物静かに事をこつこつとすすめてまいりましょう。

なぜかというと、日本人は派手なことが嫌いなのだと思います。

というか、苦手なのだと思います。
目立つと悪いことばかり言われてしまうのがこの国です。

ただ、時間は皆さんに平等ですし
限られているので、
私にはこの方法があっている、と思うことがみつかったら、
それを地道にこつこつつきつめていくこと、
これが2,3年後の自分の成長にもつながっていくのだと思います。
  


Posted by パトリック at 2010年02月27日09:00お知らせ
Comments(0)

LOVE

私は東京の某場所にある、インド人学校に勤めていました。
インド人が東京にこんなに住んでるんだってびっくりしてました
生徒数もあっという間に増えていきました。
開校当初から存じているインド人の校長先生は
私の主人の母にそっくりでした
もちろん、違う人種なのに、なんだかこんなにそっくりなんて、
この方にかかわることになるってことだなとそのとき思って、
実際この方に何年もかかわることになりました。

インド人という方たちは
アメリカが大好きで、
アメリカに進出することを皆さん願っていらっしゃいました
なぜ日本なの?と聞くと、
アメリカに行けなかったから、と。

日本にせっかくすむのだから、何かつかんで帰りたい、何もしないですごすにはもったいないという彼女たちの精神、スピリットを
熱い思いで語る彼女たちには、
最初はひいていたけれど、何年かたつと、耳も心も慣れて
すっかり私も
衣食住ともにインド人になれると思っていたころの
福島への引越しでした

体に優しいこと(ヘナやヨガ、菜食などがそうですね)
心、精神に効くというメソッド(瞑想、数派に分かれ、神様の崇拝心)

そういう、昔ながらのことで、今でも日本に残っていることを
大切にしている反面
アメリカに出ても恥じないほどの、IT革命を起こしたインド。

そんな人たちに囲まれて、すっかりインド漬けされていました。

つらいとき、心が乱れるとき、
彼女たちにサポートしてもらったこと、
3番目の娘が生まれたばかりのとき、
私の両親が共働きで面倒見れないことを残念がって、
一晩泊まりに来てくれて
ゆっくりとゆっくりとあかちゃんをマッサージしてくれたこと
出産のときに切迫早産で入院していた私に
体を休めるようにいってヴェジタリアンのおかずをもってきてくれたこと
長女と次女の態度の悪さに手を焼いている私に、
インドの音楽にあわせて踊る踊りを教えてくれた友達
ストレスがたまってるのだといって、抱きしめてくれた彼女たち

たまらなく恋しいです・・・

でも、やっぱりインド人は、いつしか帰ってしまうのでした。
一年、長くて2年。インドへ必ず帰ります。
日本は出稼ぎに来たと割り切って。
インド人はインドを愛しているので・・・

私が福島に来たのは、
出稼ぎではありません。
里帰りでもないんです。

だけど、多分、福島に帰ってきたんだと思います。

福島を愛してるんだと思います。

だから、東京で得たこと、
イギリスで得てきたこと、
アメリカで学んだこと、

たくさん、教えてもらってきたので、
恩返ししたいのです。

  


Posted by パトリック at 2010年02月24日11:03イベント
Comments(0)

イギリスに7歳のピカソ現れる!

イギリスに7歳のピカソ現れる!

英国では7歳の少年が「ピカソの再来か」などと話題になっている。昨年11月に販売した絵画16点は、総額1万8000ポンド(約260万円)で、わずか14分で完売。日本からも購入希望があったという。





■7歳の英少年が「ピカソの再来か」と話題、世界から注文
引用元:Yahoo!ニュース


英東部の町ホルトに住むキーロン・ウィリアムソンくんが絵を描き始めたのは、5歳のとき。家族とコーンウォールで休暇を過ごしたキーロンくんは、港の風景に心を動かされ、両親に初めてのスケッチブックをねだったという。
 両親はキーロンくんを応援しつつも、無理強いはしないよう気を付けており、キーロンくんは自分が好きな時に好きなものしか描いていない。世界中から注文が殺到しているが、家族は売りに出す作品の数を制限している。
 キーロンくんの好きな画家はエドワード・シーゴー氏で、絵を売って得た収入の一部で同氏の作品を購入。残りはキーロンくんが25歳になるまで、両親が管理するという。



■7yo artist hailed as a genius
引用元:ABC News
It all began on a family holiday to Cornwall on the south-west English coast when Kieron was five. Inspired by the harbour view, he asked his parents for his first sketch-pad.

From that moment on, he was hooked, according to his father Keith Williamson.

キーロン君の父親によると、
イギリス南西海岸のコンウォールへ家族旅行に行った5歳のときに始まった。港の景色に魅了され、両親にスケッチブックをねだった。そのときから、彼は夢中になった。

□単語
・hailed as ~として支持される
・from that moment on そのとき以来
・hooked (魅力的なものなどに)夢中になって、やみつきになって、はまって


もっと見たい人は
キーロン・ウィリアムソンの画像集【ピクチャークラフト】
http://kyonenglish.blog98.fc2.com/blog-entry-1190.html  


Posted by パトリック at 2010年02月23日10:31お知らせ
Comments(0)

FTV スーパーニュース

http://www.youtube.com/watch#playnext=1&playnext_from=TL&videos=6kxSPvmy064&v=kgDB1fNLBDY

☆ 2月1日のFTVニュースに紹介されました ☆

文部大臣も絶賛の電子黒板☆
やはりこれからは電子黒板ですとおっしゃっていただいております☆

もちろん、英会話だけだと日本で生きていくうえでは受験という壁にもぶつかりますので
日本人の先生である私がフォローできる部分はフォローいたします

お勉強が出来て、そして英会話という方も大勢いらっしゃるでしょう
それが私の役目だとも思っているので、

子供の英会話だけでなく、大人もある程度はフォローできると思うのですが、
一応ニーズによりますが、
まずは学生さんを応援したいと思います☆
  


反応ハイテンションでした



よちよち歩きの子、文字も読めないのに、blue!!blue!!とはしゃいでいたのにはびっくり。
初めての授業とは思えないほど、ちゃーんとついて来てくれました。
なんておりこうさんなのあおむし
目だっている女の子が一人いました。その子は目が輝いていた。
英語が好き!!好きなの!!って目が言ってました。私を指して!!って私に目で訴えてました。

英語が好きだという理屈はあの子の年ではわからないはずだから、親に英語がやりたいとは伝えてないんだろうなって思いました。

遊びなんですよね、今の時期、伸びるのって。。。だから遊びながら面白くできるんですよね、子供って天才赤ちゃん

あー。うれしかったなーーーー。
待っててよーー。そのうち、宿題とかみてあげるような年になってもがんばって教えてあげたいわ。  


表玄関に飾ります♪





とってもステキな出来具合になりそうですね。嬉しいです。
子供たちの憩いの場になるといいな。
福島の郡山で、まばゆい将来の光を少しでも分け合えるといいな。
輝け、子供たち!!
  


シークレットコード

まずは キー(『キーコード』とも言います)を使い、 文字をあてはめて、どんなことを言っているか、当てて見よう!
無料体験レッスンに来て下さった方達 ありがとう御座いました。

私一人で行なう授業なので、少し盛り上がりに欠けてたかな? もしそうだったらごめんなさい!
もうすぐで、お正月ですね。

皆様くれぐれも運転にはおきをつけて下さい。
お天気には敏感になりましょうね。
  


リボン

スーツケース開けて、改めて リボンの可愛さにあまりにうっとり? やったあ! 買ってきて良かった…

  


Posted by パトリック at 2009年12月26日21:09イベント
Comments(0)

クリスマスのミンツパイ

クリスマスにかかせない、ミンスパイ。 普通はお店で普通に買います。 義理の姉 兄は イギリス人の中でも珍しく料理好き。 作ってくれたのは、素敵なお味。


  


Posted by パトリック at 2009年12月23日10:09イベント
Comments(0)

出会った

イギリスで出会った、この店。 これらに出会った時、パッと明るい子供たちの顔が浮かびました。 寒いロンドンは、郡山に負けず劣らず、風も雨も氷のようですから、やはり、冬支度は帽子や手袋などのアクセサリは不可欠! 欲しくなったのは、言うまでもありません?


  


Posted by パトリック at 2009年12月21日20:40
Comments(0)

from London

  


Posted by パトリック at 2009年12月17日23:04イベント
Comments(0)

England(Chicken and ChickPeas)




Ingredients
1 x 21/2-3 lb (1.15-1.35 kg) roasting chicken, quartered
½ lb (225 g) chick peas, soaked overnight
1 oz (25 g) butter
2 tablespoons oil
1 large onion, peeled, halved and sliced
2 cloves garlic, crushed
1 x 14 oz (400 g) can Italian tomatoes
½ pint (275 ml) stock (made from the giblets)
1 bay leaf
1-2 tablespoons tomato puree
1 teaspoon basil
Salt and freshly milled black pepper
Preheat the oven to gas mark 3, 325°F (170°C).


Method
To start with, the soaked and drained chickpeas should be placed in a saucepan with enough fresh water to cover them to a depth of about 2 inches (5 cm) then brought to the boil. Simmer, uncovered, for about 30 minutes, skimming after about 10 minutes – and don’t bother to add any salt at this stage. While that’s happening, heat the butter and oil together in a flameproof casserole, then dry the chicken quarters on kitchen paper and fry in the hot fat over a medium heat until they’re evenly browned. Then, using a draining spoon, remove them to a plate and in the fat remaining in the pan gently fry the sliced onion and crushed garlic until softened. Now return the chicken joints to the pan and pour over the contents of the can of tomatoes and the chicken stock. Then drain the cooked chickpeas, reserving their cooking liquor. Now add them to the chicken mixture, with ¼ pint (150 ml) of the cooking liquor as well. Next add the bayleaf, tomato puree and basil, and season with a little salt and pepper. Bring up to simmering point, cover and transfer the casserole to the oven. Bake for 30 minutes, then remove the lid and bake for a further 30 minutes. Taste the juices and add a bit more seasoning, if necessary, before serving. This dish is nice served with rice flavoured with onion.

  


Posted by パトリック at 2009年12月16日15:40イベント
Comments(0)
QRコード
QRCODE
プロフィール
パトリック
電子黒板を使った、ニュースでも放映された英語のレッスンを行っています。
これからは義務教育で英語がスタートです!知的な学習方法の割りに授業料はぐぐっと格安です。
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31